美味しく食べてダイエット効果大!痩せ菌を増やそう!

私たちの腸内に痩せ菌とデブ菌が存在しているってご存知でしたか?
腸内細菌についての研究が進み、私たちの腸内には私たちを太らせるタイプの「デブ菌」と、脂肪を燃やしてくれるタイプの「痩せ菌」がいることがわかってきました。実は誰の腸にも痩せ菌とデブ菌が生息しているんです。
たくさん食べるのに全然太らない人がいる一方で、そんなに食べているつもりはないのにすぐに太ってしまう、あるいはダイエットしてもなかなか体重が減らないと感じている人は、もしかしたら腸内にデブ菌が多いのかもしれません。
デブ菌を減らし痩せ菌を増やすことができれば、自然と痩せていき、太りにくい体になることができます。今回は、痩せ菌を増やすための食生活についてご紹介します。

まず腸内細菌について

私たちの腸内には、数百種類、1,000兆個を超えるといわれる細菌たちが暮らしています。これら腸内にいる細菌は、その性質から「善玉菌」「悪玉菌」「日和見菌」の3つのタイプに分類されています。
善玉菌は食べ物の消化・吸収やビタミンやホルモンの合成、有害物質の排除など私たちの体に有益な働きをしてくれている菌のことです。また、善玉菌は短鎖脂肪酸という物質を作り出します。短鎖脂肪酸は、腸内のpfを酸性に保つことで悪玉菌の増加を防ぎ、また脂肪の蓄積を防いで燃焼を促す働きもしてくれます。
悪玉菌は、動物性脂肪やたんぱく質を分解したりする一方、それを分解する際にアンモニアなどの有害物質を作り出してしまいます。悪玉菌が増えすぎると、腸内はアルカリ性に傾き、有害物質が身体中に運ばれ、免疫力の低下や肌荒れ、便秘を引き起こします。

善玉菌でも悪玉菌でもない日和見菌は、善玉菌と悪玉菌の勢力の強い方に味方するという性質を持っています。
善玉菌の優勢な腸内環境に整えることで、日和見菌は善玉菌と同じように働き、私たちの健康や美容をサポートしてくれます。
ちなみに腸内細菌のバランスは、善玉菌2・悪玉菌1・日和見菌7の割合が理想的だと言われています。

痩せ菌とデブ菌とは

痩せ菌とデブ菌は、腸内細菌全体の7割を占める日和見菌に属しています。
痩せ菌は、善玉菌と同じように食べ物を消化する際に肥満解消に欠かせない短鎖脂肪酸を作り出します。

逆にデブ菌は、少しの食べ物からもエネルギーをたくさん取り込んでしまい、使い切れないエネルギーは脂肪として蓄積されてしまいます。
実際、肥満の人の腸内にはデブ菌が多いという研究結果もあるほどです。そして、デブ菌の多かった人が食事改善によるダイエットを行ったところ、腸内の痩せ菌が増え、デブ菌が減少したことも確認されています。

つまりデブ菌を減らし痩せ菌を増やすことで、自然と痩せていき、太りにくい体になれるという訳です。
痩せ菌を増やすためには、痩せ菌の喜ぶエサ(栄養)を与える必要があります。痩せ菌の喜ぶエサとは、食物繊維、オリゴ糖、乳酸菌などの有用菌です。
そして、痩せ菌は善玉菌が優勢の腸内環境で増えていき、またデブ菌は悪玉菌が優勢の時に増えるという特徴があります。つまり、痩せ菌にしっかり働いてもらって痩せやすい体質を作るには、善玉菌が優勢の腸内環境を作ることも大切になってきます。

痩せ菌を増やす食事

痩せ菌を増やすためには、痩せ菌の喜ぶエサである食物繊維、オリゴ糖、有用菌を食べる必要があります。これらは善玉菌の喜ぶエサでもあるので、同時に善玉菌も増えて腸内環境を整えることができます。
食物繊維には、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の2種類があり、なかでも痩せ菌が喜ぶのは水溶性の食物繊維です。水溶性食物繊維は、ワカメやもずくなどの海藻類や、オクラやモロヘイヤなどのネバネバした野菜に多く含まれています。もち麦にも豊富な水溶性食物繊維が含まれているので、毎日のご飯を麦ご飯に変えるのもおすすめです。
そしてオリゴ糖は、タマネギやゴボウ、アスパラなど身近な野菜に含まれています。タマネギをスライスしてお酢とハチミツを混ぜて酢タマネギにして冷蔵庫にストックしておくと、いつでも使えて便利です。また、オリゴ糖はシロップとしても販売されていますので、ふだん使う砂糖の代わりに使用するという手もあります。

有用菌というのは発酵食品の中に含まれています。なかでも納豆は、有用菌である納豆菌はもちろん水溶性食物繊維が豊富で大豆オリゴ糖も含まれているので、痩せ菌を増やすために嫌いでなければ毎日1パックは食べたい食品です。他にも漬物や味噌、醤油など、和食には痩せ菌を増やす食べ物がたくさんあります。
ヨーグルトもまた、代表的な発酵食品です。ただし、ヨーグルトは人によって合う合わないがありますので、2週間ほど続けて、お腹の様子を見ながら選ぶようにしましょう。

デブ菌を増やさない

痩せ菌が好きな食べ物を食べることで、だんだんと痩せ菌の多い腸内に変化させることができます。それと同時に、デブ菌を増やさないようにすることも大切です。 デブ菌は脂質や糖質の多い高カロリーな食べ物が大好きです。ファストフードやコンビニ弁当、レトルト食品はデブ菌を増やしてしまうので、注意が必要です。 自分が食べているものが、痩せ菌を増やす食べ物なのかデブ菌を増やす食べ物なのかを意識することは、痩せ菌を増やすための基本になります。 是非今回の記事を参考に、痩せ菌を増やして太りにくい体を手にいれて下さいね。

  • おすすめエステ体験ランキングを見る
  • 痩身エステ体験レポートを見る